ツイート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年「よく聴いた」アルバムベスト

どうもセンター試験まで20日を切りました。焦ってます。
しかぁし!!やはり一年を振り返ることは必要です!絶対です!!
というわけで受験生なのであんまり新譜を聴けていないのため、みなさんが「2011年ベストアルバム」とか言っている傍で、僕だけ「2011年聴いたアルバムベスト」という誤魔化しの様な決して誤摩化しでは無い企画で今年を終わらせて、コタツでみかんでも食べたいと思います(え)。
でわ、どうぞ!!
各レビューのあとの曲名をクリックするとYouTubeに飛びます!聴いてね!よかったら借りてね!さらに良かったら買ってね!


5位 CONDOR44/Good Bye 44th music
コント#12441;ル画像(小さなサイズしか見つからなかったorz)


これは某レンタルCD屋さんで「レンタル回数が1桁です!」とかいう宣伝で置かれてたので(これってよく考えたら酷い)、あんまり期待してなかったのですが、すごく良かったです。

1~3曲目は早いリズムで、3分以内(歌詞にも3分と出て来ます)のロックンロールといった感じの曲で、特に1曲目は彼らの代表曲の様でPVも作られてます。
4曲目から曲の雰囲気が変わります。4曲目の「good night 44th music」はアルバムのタイトルになっている12分超の大作で、静かなイントロのギターリフからシューゲーザーを思わせる(某CD屋の宣伝も「マイブラッディバレンタインに似てる!」でした。でも似てません)轟音(というほどではない)。そこかで一瞬音が静かになり、歌メロに行きます。5分~がものすごいカッコイイです。とにかくそこです。ベースとドラムがかっこよいです。とにかくそこです(え)
新作を作ってるらしいのでそれも楽しみにしてます。
<おすすめ>
good night 44th music


4位 LCD Soundsystem/Sound Of Silver
LCD_Soundsystem_-_Sound_of_Silver.jpg


「All My Friends」がカッコイイ。ええ、それだけのアルバムだとちゃんと聴く前は思っていましたとも。
ダンスミュージックに分類されるだけあって、リズム隊が素晴らしいです。(なにそれ)専門知識は無いので、語る事はできないのですが、基本のリズムの上に載せられてる打楽器の音がいい味だしてます。
電子音楽ぽかったり、黒人ロックぽかったりと色々な音楽ルーツを感じられる1枚です。(でもやっぱり「All My Friends」が一番かっこいい)

All My Friends(Live)


3位 Rei Harakami/[lust]
lust-reiharakami.jpg

日本の電子音楽界の異端(?)レイハラカミさんの4枚目のアルバム。全曲インスト、と思いきや一曲だけボーカル入っています。
水に溶ける様な、夢の中で浮いている様な音です。独特な音、ほとんどローランドのSC-88Proだけで作ったこの音が彼の音楽の最大の特徴で、サカナクションの山口一郎さんや矢野顕子さん、くるりの岸田さん等に高く評価されています。
このジャケットも素晴らしいですね。京都に住みながら、最先端の、それでいてどこか「温もり」のある電子音楽を造り出していたハラカミさんを良く表していると思います。
今年の7月に亡くなってしまい、ほんとに残念です。
有名な方なので、たぶんこのブログを見てらっしゃる様な変な方々(失礼)は知ってらっしゃると思いますが、知らない人(特にサカナクションのファンで聴いた事が無い人)には是非聴いてもらいたい、後世に語り継がれて欲しいアルバムです。

come here go there


2位 Daft Punk/Alive(2007)
daft-punk-alive.jpg

ライブ盤。
とりあえず踊れます。ライブ会場にいるような感覚に陥れます。
2曲を繋げて1つの曲にしてて、原曲とは違う味わい方ができますし、正直これを聴いた後ではオリジナルアルバムを聴くと音に物足りなさを感じるほどの完成で高さです。
これを聴く前に、1997年のライブ盤を聴いて、ちょっとがっかりしたのですが、こちらは最高にかっこいいです。
今年はトロンのサントラのCDを出していましたが、あれを先に聴くならこっちを聴いてね!

Around The World~Harde Better Faster Stronger


1位 サカナクション/DocumentaLy
1e1d3_185_news_thumb_sakanaction_do.jpg



ただ唯一の今年のアルバム。
311の震災を受けて、サカナクションが作り上げた5枚目のアルバム。
前作よりさらにテクノロック感が増していて、特に「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」や「モノクロトウキョー」でその傾向が強いです。
前述のレイハラカミと似たものを特にファースト、セカンドアルバムからを感じたのですが、このアルバムではあまり感じられず、どちらかと言えばニューオーダーに近いです。
ただ、「バッハ~」の途中からのぐだぐだした感じや、「流線」がくるりの「GUILTY」と似ているとこ等
「満点!」とは言えない面もあります。

サカナクションの特徴の1つである歌詞は
「YouTube」のコメント欄でのやり取りを見て、思いついたという「エンドレス」や「アイデンティティが無い」と繰り返す「アイデンティティ」等
震災を受けて作られただけあって、前作の難解な歌詞に比べて良い意味で分かりやすい、人に伝えたいという歌詞になってると思います。

正直有名すぎるので、みなさんが色々な中から選んでるアーティストに比べてどうかなぁと思ったのですが
やはり今年を表すアルバムだと思ったので選ばしていただきました。

アイデンティティ
バッハの旋律を夜に聴いたせいです。



あー疲れた!みなさんこんな大変なことやってるんですね。。。
すごすぎます!あとメジャーすぎてごめんなさい!!でわ、みなさん良いお年を!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Two planetariums

Author:Two planetariums
平成生まれの現代子が
古今東西の様々の音楽を紹介する(かもしれない)ブログです。
たまーに、本や映画の話題が出て来たりする(かもしれません)。
気軽に読んでくださいね!!(ツイッターもやってます。リンクの方にあるのでよかったら見てくださいねー^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。